速読

エッセイ

推理小説を読み続けた先にあったもの

私の中高の学生時代は推理小説を読む時間にほとんどが費やされた。 お小遣いのほとんどは推理小説を買うために消えたといっても過言ではない。 特に探偵が出てくるミステリーにのめり込み、当時飼っていた猫の名前は、本職は東京大学医学部法医...
タイトルとURLをコピーしました