2021-04

エッセイ

推理小説を読み続けた先にあったもの

私の中高の学生時代は推理小説を読む時間にほとんどが費やされた。 お小遣いのほとんどは推理小説を買うために消えたといっても過言ではない。 特に探偵が出てくるミステリーにのめり込み、当時飼っていた猫の名前は、本職は東京大学医学部法医...
エンタメ

バイプレイヤーズ~名脇役の森の100日間~

上演時間 7:25だと・・。 こんな早い時間は駐車場が開いてないので、電車で行くことになる。 電車で1時間。チケットを買う時間などを考えると6時に出るということは、5時起きである。 今日のこの時間を逃せば次回行けるとしたら...
エッセイ

読書家

私が図書館で本を借りるためネット予約をしてるいるのを見て、隣の同僚がびっくりしたように言う。 「本なんて、今も読んでるの?」 私もびっくりして反対に訊く。 「え、読まないの?」 質...
エッセイ

「読書」という授業

みなさんは、「読書」が好きだろうか。 中学高校と、私はとても読書を盛んに推奨する学校に通っていた。 図書室の蔵書はちょっとした地域の図書館並みに揃えられていたし、授業にも「読書」という教科が週に2回あるほど「読書」に力を入れ...
エッセイ

目に見える世界

目の前に広がる世界は、いままでとは全く違って見えた・・・。 これは誇張ではない。 心から、本当に心からそう思い、そのあと私は今までの自分を呪ったのだ。 ― ― ― ― ― ― ― ― ― ― ―...
タイトルとURLをコピーしました